影山木材は、自然素材で循環型資源である駿河桧・駿河杉の供給を通し、ココロとカラダの“幸せ”を育む「生活環境創造」を支援します。    影山秀樹
by h_kgym
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク集
以前の記事
最新のトラックバック
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2007・自宅の庭木・・..
from 駿河木の家日記
2007・野鳥の観察・・..
from 駿河木の家日記
シックハウス対策
from ブログで情報収集!Blog-..
あるある納豆ダイエットね..
from ダイエットカロリーコントロー..
しずおかMOKUネット年..
from 静岡(しぞーか)木造り設計日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
たまには
木の話もしないとね・・・。(汗)


遠方の木材業者から、弊社商品の4スリット桧管柱について問い合わせがあった。
この商品についてはまた改めて紹介させていただきます。

今回は製材品の等級について。
製材品には統一された品質規格というものがない。
いや、唯一製材のJASがあるのだが、これについてもまた改めて・・・。

で、平常の取引は自社規格によるものだが、上から特1等・上1等・1等となっている。
特1等は基本的に欠点・丸身のないもの。
上1等には欠点らしい欠点はないが、丸身と割れがある。
1等は大き目の丸身や、致命的でない欠点(割れ・キズ・虫食いなど)がある。



f0119697_1531094.jpg
末口側



f0119697_15311580.jpg
丸身の大きさ



f0119697_15312566.jpg
丸身の長さ



f0119697_15313484.jpg
印字
プレナ仕上含水率20%以下、ヤング率90、2008年5月30日製造 No.0251



現物を見てご利用いただける場合は問題ないのだが、いつも苦労するのは上1等の丸身の
大きさを説明すること。
丸身の大きさや長さを数字にしたこともあったのだが、どうもしっくりこない。
最近はデジカメで撮った画像を送ることにしているが、これでイメージが伝わるかどうか、
正直言ってかなり不安です。

何か良い方法はないものか・・・・。
[PR]

by h_kgym | 2009-01-19 15:41
<< 自家製パンチェッタ デジカメ復活 >>