影山木材は、自然素材で循環型資源である駿河桧・駿河杉の供給を通し、ココロとカラダの“幸せ”を育む「生活環境創造」を支援します。    影山秀樹
by h_kgym
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク集
以前の記事
最新のトラックバック
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2007・自宅の庭木・・..
from 駿河木の家日記
2007・野鳥の観察・・..
from 駿河木の家日記
シックハウス対策
from ブログで情報収集!Blog-..
あるある納豆ダイエットね..
from ダイエットカロリーコントロー..
しずおかMOKUネット年..
from 静岡(しぞーか)木造り設計日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
手帳を持たない生活
f0119697_1722511.jpg


学生時代から手帳は使ってきました。
その頃は適当に選んでいたのですが、社会人になってから数年後に能率手帳のエクセルに出会いました。
縦長で嵩張らず、資料も充実。
見開きの左が1週間で右はメモ。
自分には過不足がなく、とても使いやすい手帳でした。
それ以来この手帳を使い続け、21冊が手元に残りました。

古い手帳をめくる気分は何とも言い難いものがあります。
いい思い出も、苦い経験も、すべてそこに残っています。
中には忘れてしまっていたり、記憶と順番が前後していたり。
ついつい時間を忘れて見入ってしまいました。

それが昨年、iPhoneの「Refills」というAPPに出会ってから、あまり書き込まなくなりました。
iPadを導入してevernoteの有料会員になってからはさらに進んでしまい、
11月頃には手帳を手にすることは全くなくなりました。
例年ですと翌年の手帳を購入して2冊を持ち歩く時期なのですが、結局買わずに年を越してしまいました。

しかし、この手元に残った手帳の山を見ると、ちょっと寂しい気分です。
これから先は積み重ねるモノがない。
デジタルのデータは残るけど、やっぱり「モノ」がないのはまさしく物足りない。
これもバブル世代の後遺症なのか、それとも単なる懐古趣味なのか。



昔の手帳なんて見返してる暇があったら、明日のことを真剣に考えろ!

と、自爆してみる・・・・。(大汗)
[PR]

by h_kgym | 2011-01-08 17:18
<< 東京出張 謹賀新年 >>