影山木材は、自然素材で循環型資源である駿河桧・駿河杉の供給を通し、ココロとカラダの“幸せ”を育む「生活環境創造」を支援します。    影山秀樹
by h_kgym
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク集
以前の記事
最新のトラックバック
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2007・自宅の庭木・・..
from 駿河木の家日記
2007・野鳥の観察・・..
from 駿河木の家日記
シックハウス対策
from ブログで情報収集!Blog-..
あるある納豆ダイエットね..
from ダイエットカロリーコントロー..
しずおかMOKUネット年..
from 静岡(しぞーか)木造り設計日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
きっと良くなる!
明けまして、おめでとうございます。
f0119697_19275899.jpg


思い返しますと、平成23年は本当に激動の1年間でした。

2月、井戸が枯れてしまい大損害
3月、東日本大震災、富士宮地震では弊社にも被害が出た
4月、計画停電に振り回されて生産に支障をきたす
5月、資材不足で現場がストップ、木材も余剰ぎみになる
6月、日本木青連全国大会を急遽静岡で開催
7月、市産材情報発信基地「ききしず」オープン
9月、台風15号で辰起町倉庫と横沢山林が被害にあう
10月、風の子保育園納品が本格化
11月、営業の要、アプローチブック完成

と、よくもまあこれだけの出来事が起こったものだと思います。地震や放射能の直接被害は少なかったものの、東北方面への出荷予定が滞ったり、計画停電で操業停止を余儀なくされたり、間接的な被害は数多くありました。やっぱりこの地震は日本全体が被災したのであり、対岸の火事では断じてなく、特に放射能については世界から見たら、日本の中で差別や偏見をもっている場合ではないような気がしています。

さて、平成24年の影山木材はと言いますと、対外的にも社内的にも、大きく変革していく年にします。やるべきは徹底した「見える化」。

対外的には商品の品質・価格・納期が見えるようにする。そして弊社とお付き合いしていただくメリットが見えるようにできたら最高です。

社内では役割分担とコストの見える化。各自がどんな仕事をどれだけしているのかを見えるようにして、それを共有します。

そして・・・
私の今年の目標は、欲張って二つです。
1.朗らかであること。
2.継続すること。
どんなに辛く厳しい状況でも、朗らかさがあれば必ず乗り切ることができるはずです。そして、やると決めたことは絶対に継続する。ズボラな私には難しいことですが、すべての根本をここに定めて、今年はやり切る覚悟です。

元旦の夜に、一人、ワクワクしてきました。

きっと良くなります!
[PR]

by h_kgym | 2012-01-01 19:29 | 社長語録
<< 我が家のお正月 社内報 vol.001を制作しました >>