影山木材は、自然素材で循環型資源である駿河桧・駿河杉の供給を通し、ココロとカラダの“幸せ”を育む「生活環境創造」を支援します。    影山秀樹
by h_kgym
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク集
以前の記事
最新のトラックバック
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2007・自宅の庭木・・..
from 駿河木の家日記
2007・野鳥の観察・・..
from 駿河木の家日記
シックハウス対策
from ブログで情報収集!Blog-..
あるある納豆ダイエットね..
from ダイエットカロリーコントロー..
しずおかMOKUネット年..
from 静岡(しぞーか)木造り設計日記
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オリーブオイルさしに見た、発想の転換
影山木材株式会社ホームページ
『静岡・富士山麓から幸せつむぐ』
「駿河桧」・「駿河杉」・「木魂祭」


今日はちょっと木材から離れます。


近頃、食卓でオリーブオイルを使う機会が増えました。

パンにはバターではなく、オリーブオイルをちょっと付けて。
サラダにドレッシングやマヨネーズでなく、オリーブオイルと塩をかけて。
その他、ちょっとだけコクや香りを出したい時に使います。

そこで購入したのがこれ。
f0119697_7261597.jpg
ネットで「オイルさし」と検索したら出てきました。

それほど高価なものではありませんが、これが実によくできています。

液体を少しずつ出して使う時に重要なのが、注ぎ口の形状です。
注ぎ口の形が悪いと、いちいち液ダレをしてしまい、手やテーブルを汚してしまいます。
オリーブオイルのような粘度の高い液体は、特に形状が難しいでしょう。

f0119697_7322289.jpg
このオイルさしはグッドデザイン賞を受賞しており、さぞかし形状に気を使っているのだろうと思いましたが、全然違いました。液ダレそのものにはそれほど気を使わず、タレたオイルを注ぎ口の右側にキラッと光って見える小さな穴から回収して、瓶の中へ戻す構造になっています。

これぞ発想の転換。
シンプルな構造の中に、素晴らしい知恵が生かされていると感じました。

こんなスマートで合理的な問題解決の方法を、日頃の業務でもできたらいいですね。


あまりに気に入ったので醤油さしも追加購入したのですが、こちらには回収機能は付いていませんでした。醤油ならタレないように作る自信があるんでしょう。(笑)
[PR]

by h_kgym | 2012-10-12 07:35 | 社長語録
<< 【納材事例】日本平動物園 【納材事例】某中古品専門店 >>