影山木材は、自然素材で循環型資源である駿河桧・駿河杉の供給を通し、ココロとカラダの“幸せ”を育む「生活環境創造」を支援します。    影山秀樹
by h_kgym
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク集
以前の記事
最新のトラックバック
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2007・自宅の庭木・・..
from 駿河木の家日記
2007・野鳥の観察・・..
from 駿河木の家日記
シックハウス対策
from ブログで情報収集!Blog-..
あるある納豆ダイエットね..
from ダイエットカロリーコントロー..
しずおかMOKUネット年..
from 静岡(しぞーか)木造り設計日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
気密と換気
先日、某所での住宅見学会に参加してきました。
某NPOの代表の自宅で、シックハウス対策のモデルルームにするそうです。

構造、内装共に無垢の国産材がふんだんに使われていました。
梁は杉の燻煙乾燥材ですが、割れ狂いが少なくてとてもよい材でした。
このままの状態を保てればの話ですが・・・。

f0119697_11151974.jpg f0119697_11155238.jpg


省エネにも配慮して断熱と気密はしっかりしてあるそうです。
そして室内空気環境には特段の配慮がされているわけで、家中を換気のダクトが走っています。
換気用のファンはかなり大きなものがこれから付けられるそうです。

f0119697_10422428.jpg

で、ここでシロウトの疑問です。
「気密して換気する」←これがいつまでたっても理解できません。
電気使って換気するなら気密するなよ、って言いたくなります。
高気密だとエアコンの使用時間も長くならないですかね?
北国や大都市圏でなければ、気密も断熱もそこそこでいいような気がします。

f0119697_10415341.jpg

ちなみに我が家は来年で築60年。
がたがたの木製建具の隙間から、常に新鮮な外気が室内へ入ってきます。(汗)
夏はそれなりに暑く冬もそこそこ寒いですが、妻も子供もいたって元気です。
[PR]

by h_kgym | 2006-12-27 10:54
<< 再起動します ブログ講習会 >>