影山木材は、自然素材で循環型資源である駿河桧・駿河杉の供給を通し、ココロとカラダの“幸せ”を育む「生活環境創造」を支援します。    影山秀樹
by h_kgym
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク集
以前の記事
最新のトラックバック
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2007・自宅の庭木・・..
from 駿河木の家日記
2007・野鳥の観察・・..
from 駿河木の家日記
シックハウス対策
from ブログで情報収集!Blog-..
あるある納豆ダイエットね..
from ダイエットカロリーコントロー..
しずおかMOKUネット年..
from 静岡(しぞーか)木造り設計日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:お客様支援( 13 )

情報誌「山の影から」秋号、完成しました!
影山木材株式会社ホームページ
『静岡・富士山麓から幸せつむぐ』
「駿河桧」・「駿河杉」・「木魂祭」



f0119697_93862.jpg

影山木材の情報誌、「山の影から」の秋号が完成しました!
一昨日に手元に届き、即日発送しましたので、今日あたりから手にするかたもいらっしゃると思います。

今回はちょっとマニアックに、木材の強度についての情報と私の思いを書かせていただきました。
お読みいただいて、ご感想など頂けるとたいへん嬉しく思います。

「うちには送られてこない!」とおっしゃる方は、遠慮なくメールにてご請求ください!
メール送信
[PR]

by h_kgym | 2012-11-08 09:44 | お客様支援
木魂祭を開催しました、久しぶりの横沢山林
影山木材株式会社ホームページ
『静岡・富士山麓から幸せつむぐ』
「駿河桧」・「駿河杉」・「木魂祭」



昨年の台風15号で県道が崩落し、弊社が木魂祭のホームグラウンドとして利用していた静岡市葵区横沢の山林へ行けなくなっていました。
f0119697_16273767.jpg
昨年9月の画像。


崩落した県道の復旧工事が進み、通行不能箇所はあと1区間だけとなり、横沢山林へも遠回りをすれば行けるようになりました。

そこで10月17日と26日に、1年ぶりに横沢山林にて浩英建設さまの木魂祭を開催しました。


久しぶりの横沢山林は、天候もよく、私たちをあたたかく出迎えてくれたようです。


f0119697_1633176.jpg
富士見峠の陽だまりでご昼食。


f0119697_1946326.jpg
富士見峠から望む、南アルプスの3000m級の峰々。


今回のお施主さまは特に大きな柱をご所望とのことで、道の際にある中でも立派な桧に決定しました。「木との相性は直感で」とよく申し上げるのですが、あっという間に決定されました。きっと感じる何かがあったのだと思います。


f0119697_1754565.jpg

f0119697_1782971.jpg


今日の木魂祭は、気持ちよく倒れてくれました。

f0119697_19153713.jpg
100年生の立派な切株をじっくり観察。


f0119697_19145638.jpg
元口にサインしていただきます。


f0119697_19162418.jpg
どうもありがとうございました!。

次にお施主さまとご対面するのは、上棟の日です。
それまでに弊社にて心を込めて、製材・加工をいたします。



f0119697_19183798.jpg
今回は17日に伐ったものと合わせて、搬出まで行いました。大型トラックが入れない上に、予想以上に大きな木を伐ったので、積載がギリギリでした。(汗)
[PR]

by h_kgym | 2012-10-28 16:33 | お客様支援
「産地共催交流セミナー」が開催されました
f0119697_20444615.jpg
影山木材株式会社ホームページ
『静岡・富士山麓から幸せつむぐ』
「駿河桧」・「駿河杉」・「木魂祭」



8月31日(金)大阪会場
9月1日(土)名古屋会場

古川ちいきの総合研究所の主催する、「産地共催交流セミナー」に参加しました。
f0119697_18124094.jpg


工務店や設計事務所、木材流通業者にお集まりいただき、10社の特色あるメーカーが、それぞれの地域や供給できる製品、それにサービスや特典などをプレゼンして、ビジネスマッチングを目指そうという企画です。

一か月程前に、静岡県で地域材利用セミナーというのがあって、そこでプレゼンした内容はあったものの、今回は全国各地のメーカーが集まるし、それぞれ凝りに凝ったプレゼンを考えてくると思われます。そんな中で印象に残るプレゼンをするにはしっかりした準備が必要だと思いましたが、なにせ慣れない事なのでなかなか考えがまとまりませんでした。

そんなわけで、困ったときの富士山頼み。

静岡県で富士山をアピールしても誰も相手にしてくれませんが、今回の開催場所は大阪と名古屋です。Tシャツやら軍手やら富士山グッズをいろいろと仕込んで、お土産にまで富士山を盛り込んでプレゼンに臨みました。

当日はくじ引きで順番を決めたのですが、いきなりの一番手。空気を作る係りと覚悟をきめて、富士山グッズに身を固めてスタートしました。富士山Tシャツと軍手でかる~く笑いをとったと思いますが、残念ながら小道具はそこまで。あとはトークで・・・・、あ、目的が違いますね。(笑)

基本的にはアプローチブックからの引用を多用し、弊社の売りである木魂祭に力を入れてプレゼンをしました。しかし、手応えは今一つ。会場から食いついてくるような反応を感じませんでした。

プレゼンは奥が深い・・・・・。
そう感じずにはいられない結果でした。

このセミナーでは他社のプレゼンを見ることができるので、とても勉強になります。各社それぞれに特徴があって、たいへん面白く興味のある内容でした。

一番いいプレゼンをした会社の特徴は、言いたいことが明確であること。
難しい言葉は使わず、自分の表現で、ポイントを解り易くして伝えていました。
本当に考えが整理されているのだと思います。
しっかりと整理してあれば、飾りの言葉は必要ないものなんですね。


そして何より、やっぱり営業は人間を売ることなんですね。
自分がどんな人間で、何を考えて仕事をしているのかを伝える。
自分と付き合うことが相手にとってメリットであることを感じてもらう。
その為に自分の長所を見つめ直す。
そして自分を好きになることが必要だと思いました。


次回、機会があれば、もっとシンプルに思いを伝えようと思います。
[PR]

by h_kgym | 2012-09-17 18:14 | お客様支援
情報誌「山の影から」vol.3 完成しました!
f0119697_20444615.jpg
影山木材株式会社ホームページ
『静岡・富士山麓から幸せつむぐ』
「駿河桧」・「駿河杉」・「木魂祭」



情報誌vol.3が完成しました!
f0119697_6191122.jpg


今回の情報誌は、これまでも紹介してきた「木魂祭」を特集しています。
神奈川県鎌倉市のM様邸の、木魂祭から完成引渡までを追いかけて紹介しております。

表紙の写真は、いつもお世話になっている「ふもとっぱら」からの富士山の眺めです。
バリバリの夏富士で、緑の牧草地からの眺めが美しいですね!



購読ご希望のかたは、
hikgym@gmail.com
までご連絡下さい。
郵送させていただきます。
[PR]

by h_kgym | 2012-08-24 06:22 | お客様支援
「第2回産地共催交流セミナー」に参加します。
f0119697_20444615.jpg
影山木材株式会社ホームページ
『静岡・富士山麓から幸せつむぐ』
「駿河桧」・「駿河杉」・「木魂祭」





株式会社古川ちいきの総合研究所の主催する、「第2回産地共催交流セミナー」に参加します。

各地の特色ある10社の木材メーカーが、自社の商品とサービスをプレゼンします。
工務店さまには見逃せないセミナーです!

参加は先着48名様までですので、奮ってご応募下さい!


          詳しくは ↓ をクリック!
f0119697_11353487.jpg

f0119697_1234972.jpg

[PR]

by h_kgym | 2012-08-18 12:13 | お客様支援
情報誌「山の影から」vol.2 完成しました!
第2号の情報誌が完成しました。
f0119697_610128.jpg

すみません、今回はついつい調子にのりまして、表紙に登場してしまいました。(汗)

新しいユニフォームを着て、山から出材したての新材の上に乗り、新雪で真っ白な富士山をバックにして、新しい気持ちで写真を撮りました。

そうです、今回のテーマは「新しい」です。

購読ご希望のかたは、
hikgym@gmail.com
までご連絡下さい。
郵送させていただきます。
[PR]

by h_kgym | 2012-05-15 06:20 | お客様支援
「木魂祭」富士工場前の山林にて
今日は、弊社富士工場前の山林にて「木魂祭」が開催されました。

お客さまの急なご要望だったために専門職の伐り手を手配できず、今日の木こりは私が務めました。(汗)

f0119697_2144296.jpg
まずは山のこと、森のこと、林業のことをお話しします。



f0119697_2023554.jpg
そして森の中へ。
子供たちは元気に駆け出します。



f0119697_2026105.jpg
そしてじっくりと木を選んでいただきます。
これから一生を共にすごす大切な大黒柱ですから、慎重に・・・。



f0119697_20284725.jpg
この木に決めた!
お父さん、思わず抱きつきます!!



f0119697_20333586.jpg
そして記念撮影。



いよいよ伐ります!



f0119697_20343084.jpg
まずは根張りを取ります。
おニューのチャプスが眩しいでしょ?



f0119697_20432366.jpg
掛かり木になってしまって、どうしようか思案する私。(汗)



f0119697_2044494.jpg
倒れました~。
根っこを切って、お土産にします。
小さな椅子や飾り台に使って下さいね!



f0119697_20463153.jpg
子供たちは大喜びです。(笑)



f0119697_20465963.jpg
「木魂祭」の定番。
馬乗りの図。




今日、伐られた木は、植物としての生命は終わります。

しかし、この木は第二の生命を与えられて、お施主さまと人生を共に生きてまいります。
[PR]

by h_kgym | 2012-02-18 20:57 | お客様支援
ノベルティグッズを作りました
明日、弊社の常務と大工さんが建具の調整の為にお施主様のお宅を訪問することになりました。お引き渡し後に訪問できることは少ないので、これはまたとないチャンスです。「何か手土産を」と思いお菓子でも・・・と考えましたが、それでは能がありません。

条件としては、
木材産地の香りをお届けして喜ばれるもの、
あまりガサばらないもの、
工務店さまのお邪魔にならないもの、

工場で頭をひねり、桧と杉のキューブを作ることにしました。
25mm角の立方体を作って、サンドペーパーで軽く面取りして完成。
f0119697_13313150.jpg
たくさん見ていると、一瞬ですが桧と杉が判らなくなります。(笑)



f0119697_13323480.jpg
ラッピングが大切なので、妻に担当してもらいました。


f0119697_13324929.jpg
情報誌「山の影から」も一緒に入れて完成!

割り箸に続くノベルティグッズとして活躍してくれることでしょう。


工務店さまのお役に立てるように、今後もこのようなグッズをどんどん作ってまいります。
[PR]

by h_kgym | 2012-02-17 13:38 | お客様支援
「木魂祭」開催しました。
本日、弊社お取引先の浩英建設さまの木魂祭が開催されました。

浩英建設さまの木魂祭は前回までは安倍川上流の富士見峠手前の横沢山林で開催してきましたが、昨年の台風15号で道路が崩落してしまい現地まで行くことができません。その為、今回は藁科川上流の八草の弊社山林で行いました。

f0119697_1742137.jpg
f0119697_17435740.jpg
弊社が木材を納入した、市営の湯の島温泉施設で昼食を摂っていただいた後、今回の伐採現場の八草山林へ向かいました。
f0119697_17452113.jpg

f0119697_17463960.jpg
f0119697_17503668.jpg
この木に決めた!

f0119697_17561834.jpg
自然の恵みに感謝し、住宅建設の安全とご家族の幸せを祈願して、2礼2拍手1礼でお参りいたします。

これが『木魂祭』です。

f0119697_1804641.jpg
そしていよいよ伐採いたします。
f0119697_18121184.jpg

「ドスン」という轟音とともに大木が倒れる瞬間は、お施主様の心を大きく動かし、脳裏に深く深く、刻み込まれます。
f0119697_188267.jpg
名前を書いてね!
f0119697_188179.jpg
お父さん、頑張ります!






f0119697_18133828.jpg
『木魂祭』は、お施主さまと工務店さまを強い絆で結びつけ、そして住宅建設という物語の1ページを飾らせていただきます。この日伐採された木は、影山木材の工場で製材・乾燥され、お施主さまとは建築現場で大黒柱として再会していただきます。






f0119697_18194430.jpg
今回は上棟日が近いので即日搬出しました。
明日には製材いたします。
[PR]

by h_kgym | 2012-02-05 18:30 | お客様支援
情報誌「山の影から」vol.1 完成です!
情報誌の創刊号が完成しました。
f0119697_11532010.jpg


私はもともと文章を書くのがそれほど得意ではありません。正確に言うと、苦手ではないですが普通よりもかなり時間が掛かるほうだと思います。構想を練っている時間がとても長く、書き始めてからも書いては消し書いては消しの繰り返しで、原稿用紙と鉛筆の時代には大量のゴミを出しながら文章を書いていました。ワープロの時代になってからはゴミこそ出なくなったものの、文章を書く時間が短くなるわけもなく、今でも七転八倒しながら書いています。

そんな私がこのような情報誌を発行することができたのも、たいへん多くの皆さまのご協力があったからで、本当に感謝しております。

この情報誌は、ますます厳しさを増す住宅関連業界において、弊社お取引先の営業活動に“少しでもお役に立つことができれば”という思いで制作いたしました。弊社の提供できる製品・サービス・情報を、お客様に最大限にご利用いただき、win winの関係を築き上げることを目標にして、年に4回、この情報誌の発行を継続してまいります。
[PR]

by h_kgym | 2012-01-21 11:55 | お客様支援