影山木材は、自然素材で循環型資源である駿河桧・駿河杉の供給を通し、ココロとカラダの“幸せ”を育む「生活環境創造」を支援します。    影山秀樹
by h_kgym
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク集
以前の記事
最新のトラックバック
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2007・自宅の庭木・・..
from 駿河木の家日記
2007・野鳥の観察・・..
from 駿河木の家日記
シックハウス対策
from ブログで情報収集!Blog-..
あるある納豆ダイエットね..
from ダイエットカロリーコントロー..
しずおかMOKUネット年..
from 静岡(しぞーか)木造り設計日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

学童机
磐田市の小学校に、弊社とジャパンウッドによる桧製の学童机が採用されている。

今年卒業する子供たちが使ってきた学童机を、新1年生に使ってもらうために、オーバーホールをした。
f0119697_2053442.jpg
天板は全部新品に交換。
外した天板は引き取って、削って塗装を施して、来年の新1年生用に保管する。
それから机と椅子の高さを、一番低い位置に調整しながら、全てのボルトを締めなおす。

地味な作業であるが、おそらく子供たちによって酷使されてきたであろう自社製品が、装いも新たに、
次なる使い手を待っている姿は、いとおしくさえ感じる。
高さ調整用のボルトの穴などはかなり消耗していると予想していたが、まったく問題ないレベルで、
汚れてはいても機能を損なうような物はほとんどなかった。

f0119697_20143452.jpg天板交換前
f0119697_2015658.jpg天板交換後

傷がつき、日に焼けて風格やおちつきのある机を新1年生に使ってもらうのも良いと思うが、
削れば綺麗になるのもまた無垢の木製品の良いところ。
来年からは削りなおしになるので、一見綺麗だけど深い傷は残った天板になります。
それもまた楽しみ楽しみ。
[PR]

by h_kgym | 2007-03-28 20:37
マイフェイバリット5
喫茶店「ポプラ」のフルーツサンドである。

f0119697_20193926.jpg

この店は新婚当初に妻から教えてもらった。
店内は常にJAZZが流れていて、当時、大人の雰囲気が楽しめる店だと感じた。
今となっては、もう十分に大人(おっさん)であるが・・・。

そんな小洒落た雰囲気の中で、生クリームの入ったフルーツサンドなど、いい大人が食えるか!
それが食えるんですね~。
それも感動的に美味いんです。
季節によって中身が変わっていくのも、注文する時の楽しみ。

業界の飲み会を途中でばっくれて、この店で飲めない仲間とコーヒー&フルーツサンド。
下戸のお楽しみタイムである。
[PR]

by h_kgym | 2007-03-27 20:30
高速道路の遮音壁
東名高速道路の静岡~清水間の静岡大学付近に、木製の遮音壁がある。
これは今から10年前に、協業組合ジャパンウッドと当時の日本道路公団が共同研究開発を行い、
その成果として試験施工されたものだ。

f0119697_21102618.jpg

試験体の長さは170m。
加工方法や防腐処理など、さまざまなパターンで施工されている。

先週、10年の経過をチェックするために、現地調査が行われた。
雨ざらし、日ざらしなので、防腐処理がされていないものはさすがに所々傷んできている。
それでも赤身の部分を外側にして加工されたものは、まだまだしっかりしている。
小径木を主体にして作ったものは部分的にシロアリに食われているようだ。
各種の防腐処理も試されているが、色の違いはあれど、どれも問題ないように見える。

要求される耐用年数は20年だが、無処理でも赤身ならば大丈夫なのでは?
と思ったが、道路側はいいとしても、裏側は場所によって条件が極端に違ってくるので、
やはり防腐処理は必要との見解になるかもしれない。
f0119697_21183326.jpgf0119697_21184857.jpg


第2東名に正式採用されば、杉材需要の大きな火付け役になれるのでは、と期待している。
[PR]

by h_kgym | 2007-03-26 21:22
工場見学
昨日、福島県の協和木材の新工場を見学してきました。
単独工場としては国内最大の国産材製材工場です。
敷地面積は150,000m3、工場棟3,000坪、原木消費量11,500m3(月)ということで、
ただただ口をあんぐり開けてハーとかホーとか言ってきました。

f0119697_105623100.jpgf0119697_10563551.jpgf0119697_10564746.jpg
生産品目は、ほとんどが杉の柱と間柱です。
原材料の集荷と、販売がたいへんでしょうね~。

特筆すべきは原木の選別機。
3Dで形状を計測するので、曲がり材を客観的に格付けできるそうです。
静岡の原木市場でも導入して欲しいな~。
[PR]

by h_kgym | 2007-03-16 11:11
静岡にもありました
先日、東京・大崎のラーメン店「六厘舎」を紹介した時、あまりの美味さに「静岡では食べること
ができない」などと書いてしまいました。
ところが、その口の端が乾かぬうちに、発見してしまいました。
藤枝の「伊駄天」です。


f0119697_813512.jpg
つけめん根太。
麺はその名のとおり、太くて歯ごたえしっかり。
スープは濃厚魚介系でたいへん力強く、それでいてトゲトゲしたところがない。
甘味と酸味の具合がちょうどよく、完全に私のストライクゾーンにはまっております。

静岡でこれが食べられるのは幸せだ~!
しかも某店のような行列はなかったし。
他のメニューも試してみたいので、通ってしまいそうです。
[PR]

by h_kgym | 2007-03-08 08:39
マイフェイバリット4
それでは調子をこきまして、もういっちょう。


浅間通り、ボンヌールのクリームパンである。
f0119697_2112933.jpg
1個157円也。

まったくシンプルなクリームパンであるが、これが大好きだ。
クリームには相当量の玉子が使われているようで、とても濃厚な味。
程よい甘味の中に、パン生地の塩っ気がいいバランスを保っている。

どこにでもありそうで、めったにない味だと思う。
[PR]

by h_kgym | 2007-03-01 21:20
マイフェイバリット3
もうこうなりゃついでなので、手持ちのネタをもう一つご披露する。(爆)



浅間通り、河内屋のどら焼きである。
f0119697_082314.jpg
1個105円也。
このどら焼き、1人1日5個までしか買う事ができない。
親父が1人で焼いているのだが、店の前には常に何人か並んで焼きあがるのを待っている。
だからいつ買っても焼きたてのホカホカ。
すぐに食べるとたまらなく美味い。

親父も人間なので休憩する。
だから行っても買えない事もあるし、午後4時半頃にはたいがいどら焼きは終了してしまう。
手作りゆえいたしかたないが、いつの日か5人くらいで行って山ほど買ってみたい衝動に刈られてしまう。(爆)

また1日たって餡の味が落ち着いてから食べても、また美味い。
もっとも5個しか買って帰らないので、我が家で翌日まで残っているのは奇跡だが。
[PR]

by h_kgym | 2007-03-01 00:18