影山木材は、自然素材で循環型資源である駿河桧・駿河杉の供給を通し、ココロとカラダの“幸せ”を育む「生活環境創造」を支援します。    影山秀樹
by h_kgym
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク集
以前の記事
最新のトラックバック
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2007・自宅の庭木・・..
from 駿河木の家日記
2007・野鳥の観察・・..
from 駿河木の家日記
シックハウス対策
from ブログで情報収集!Blog-..
あるある納豆ダイエットね..
from ダイエットカロリーコントロー..
しずおかMOKUネット年..
from 静岡(しぞーか)木造り設計日記
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今週は浅草
またまた東京出張を利用して、散策してきました。
今回は浅草です。

浅草寺は修学旅行生のるつぼかと思いきや、外国人旅行者だらけ。
特に中国系の人たちが目立ちます。

行列覚悟で有名な天丼屋で食事をするつもりでしたが、残念ながら本日分は既に並んでいる人々で終了とのこと。
で、お気に入りの洋食屋さんへ。
グリル佐久良のビーフシチューをいただきました。
f0119697_22221272.jpg
デミグラスソースってなんでこんなに美味いんですかね。
特にここの店のは最高です。
それにトロトロに煮込んだ牛肉。
ご飯に最高に合うんです~。
もちろん、ご飯おかわり!


食後に街をブラブラしていると、商店や住宅の軒先にこんなものが・・・。
f0119697_2224422.jpg

そういえば、三社祭が終わったばかりでした。
今年の三社祭はお神輿に乗るだの乗らないだのでトラブルがあったようですね。
たまの祭りに羽目を外したくなるのは解りますが、伝統を軽んじたり継続が不可能になるようなことは
慎むべきでしょうね~。

で、歩いていたら路地裏でこんな光景が。
f0119697_22312411.jpg

お神輿を前にして何かの儀式のようでしたが、緊張感がただよっていて何とも言えない厳かな雰囲気でした。

その近所でこんなのを見つけました。
f0119697_22353734.jpg

これ、ぜ~んぶ焼肉屋です。
さらにこの路地に入る手前の道も両サイドにずらりと焼肉屋。
こんな焼肉タウン、ソウルにも新大久保にもないぞ!



いや~、浅草は面白いところですね~。
東京に住んでいた時には寄り付きもしなかったんですけどね。
そう言えば最近、渋谷とか新宿とか行ってないな~。
銀座や浅草の方が居心地が良くなってきたのは、健全に年を重ねている証拠ですかね?
[PR]

by h_kgym | 2007-05-24 22:45
神楽坂散策
先日、東京出張のおり、少々時間があったので神楽坂付近を散策しました。


普通、神楽坂というと・・・・


f0119697_215820.jpg


こんなところや・・・・・



f0119697_216148.jpg


こんなところが見どころ、散策どころなのですが・・・・・





私のいちばん気になったところは・・・
















こんなところでした!


f0119697_2172588.jpg



あ~、ちなみに左にちょこっと見えておりますチャーハンは、「一升チャーハン」でこざいます。(爆)
[PR]

by h_kgym | 2007-05-16 21:12
試験体 塗り壁施工
ラフトンボードに関するホームページ。

本日、予定通り予備試験の試験体に塗り壁施工をしました。
塗り壁材のメーカーであり、ラフトンプロジェクトのメンバーである富士川建材㈱さんから
技術者に来てもらい、3種類の試験体に塗っていただきました。

f0119697_21303387.jpgf0119697_21304642.jpg
f0119697_2131420.jpgf0119697_21312156.jpg
f0119697_21313050.jpgf0119697_21313822.jpg



左官さんの仕事って、見ていて飽きません。
練って塗る、ただそれだけの作業なのに・・・。

近頃、リタイアしてからの趣味、または仕事として人気のある、
蕎麦うち・パン焼き・陶芸などと、この左官仕事は共通点があると思いませんか?
[PR]

by h_kgym | 2007-05-14 21:40
試験体の製作
ラフトンボードに関するホームページ。

以前このブログでも紹介しました、ラフトンボードの耐火試験に関わる補助金申請が採択されまして、
この度試験体の製作に入りました。
いきなり本試験では博打みたいなものなので、まずは予備試験からです。
今回の試験体は1200×1200の小さなもので、本試験は1800×3000になる予定です。
f0119697_16505074.jpg

f0119697_16531947.jpg

f0119697_1651320.jpg


予備試験なのでいろいろ試してみることになり、4種類の試験体を製作しています。

本命はラフトンボードそのものを燃焼させる試験なのですが、問題になるのが室内側。
普通では石膏ボードを使うのが一番てっとり早く、ローコストなのですが、これが面白くない。
今回は木ずり下地+塗り壁の仕様で2種類、木製パネル+耐火紙で1種類をついでに試してみることにした。

最低でも本命の仕様で防火構造認定は取得したいと思っています。


試験体の製作は、今日で構造部は完成。
14日月曜日に塗壁施工をする予定です。
辰起町でやってますので、興味のある方は見に来てください。

予備試験は6月12日、本試験は8月下旬の予定です。
場所は住木センター試験研究所です。
[PR]

by h_kgym | 2007-05-11 17:14
大盛りの美学
皆さんは「大盛りの美学」が理解できるであろうか。
外食の時には何も考えずに「ライス大盛りで」と口から出てくる、そんな体質をお持ちの方なら解かると思いますが
“これでもか”と盛り付けられた一皿には憧憬を通り越して美しささえ感じてしまうのです。
また異常なまでのビッグサイズや「だれが食うんだ?」とまで思わされる逸品には、
店主の心意気と優しさをついつい感じてしまい、注文せざるを得ない状況に追い込まれます。

昨日、御殿場でそんなお店に出会いました。
見た目はごく普通の蕎麦屋なのですが、メニューをペラペラとめくっていくと・・・・

「スーパーカツ丼」1,500円也

という文字が・・・。

大盛りの美学を信奉する私はその瞬間からわくわくドキドキ。
いったい何がスーパーなのだろう?
親父は俺を唸らせてくれるだろうか??

で、即決で注文。


いらっしゃったのはこちらです。
 ↓



f0119697_13471082.jpg




う~ん、美しすぎる!



ある人にこの画像を見せたら言われました。

「具の量が圧倒的に足りませんな(笑)」





フフフフフ・・・・若いな、おぬし。
見える部分だけで判断していると、いつか痛い目に会うぞよ。


そう、一見して平屋建てのこの物件は、蓋を開けるとアラ不思議、総2階の骨太野郎だったのです!

う~む、やるな! 親父!!!





でも私の胃袋は全盛時のそれとは比ぶべくもなく、完全に常人サイズに成り下がっておりまして、
1段目を完食し2段目に突入してしばらくしたところで、

「お願いです、堪忍してください。」

と、あいなりました。
「大盛りの美学」が聞いて呆れますが、体質として身に付いているものはなかなか・・・・。(爆)
[PR]

by h_kgym | 2007-05-09 14:03
今日の富士山4
f0119697_16461433.jpg

御殿場の、自衛隊東富士演習場から見た富士山です。
今日も御殿場市内には、大砲の音がボワンボワンと響いていました。

備えとしての防衛力は必要不可欠であると思いますが、実際に使われない事を祈るのみです。
[PR]

by h_kgym | 2007-05-08 16:50
GW後半は釣り
3日・4日は子供のサッカーの練習試合にずっと付き合い、5日はやっと開放されて渓流へ釣りに行ってきました。
大型連休中の渓流釣りは人出の為にどこも渋く、場所の選択に悩みます。
で、思い切ってアプローチの長い寸又川に決定。
支流の上西河内沢へ行ってきました。
一般車通行止めのゲートの奥の奥だけあって、一日中誰とも会うことなくゆっくりと釣りを楽しむ事ができました。

f0119697_2113314.jpg

f0119697_21153870.jpg

同行の餌釣り師はポンポンと良い調子で釣っていきますが、型が小さくてご不満な様子。
ドライフライの私にはなかなか魚が出てきませんが、なんとか24cmくらいのを2尾とチビを3尾釣る事ができました。
f0119697_21273045.jpg

長い歩きの末の釣果としてはとても自慢できたものではありませんが、寸又川ならではの体高のあるアマゴと、
河原でのコーヒー&ドーナツでそれなりに満足できました。
[PR]

by h_kgym | 2007-05-06 21:34
GW前半はキャンプ
GW前半は上高地の小梨平へキャンプに行ってきました。
5月の上高地は天候次第で冬になってしまうので注意が必要ですが、見事に大当たり。
軽い吹雪模様の中でテントを張って寝ましたが、寒くて何度も目が覚めてしまいその度に
ガスコンロを炊いてテント内を暖めました。

朝起きれば外はうっすらと雪景色。
冬山に似たピーンと張りつめた空気はきもちがよかったです。
f0119697_112223.jpg

GWのキャンプ場はどこも満員御礼で混雑必至ですが、ここはまったくの別世界。
乗用車が乗り入れできない上にバスターミナルから荷物を持って歩かねばならないので、
普通のキャンパーはほとんど来ません。

だから大荷物や豊かな食材は持ち込めず、質素なキャンプになってしまいますが、
振り返ればこの景色。
最高のキャンプ場だと思います。
f0119697_1165850.jpg




では、早起きして凍死しそうになりながら撮った写真をご披露。
f0119697_1112344.jpgCanon EOS 30D
EF70-200mm f/4L USM
1/13 秒 F11

f0119697_1113971.jpgCanon EOS 30D
EF17-40mm f/4L USM
1/15 秒 F11
[PR]

by h_kgym | 2007-05-06 11:48