影山木材は、自然素材で循環型資源である駿河桧・駿河杉の供給を通し、ココロとカラダの“幸せ”を育む「生活環境創造」を支援します。    影山秀樹
by h_kgym
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク集
以前の記事
最新のトラックバック
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2007・自宅の庭木・・..
from 駿河木の家日記
2007・野鳥の観察・・..
from 駿河木の家日記
シックハウス対策
from ブログで情報収集!Blog-..
あるある納豆ダイエットね..
from ダイエットカロリーコントロー..
しずおかMOKUネット年..
from 静岡(しぞーか)木造り設計日記
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

神宿る巨木
f0119697_9292693.jpg
静岡市駿河区小鹿の伊勢神明社にある大クスノキです。
これほどの巨木になると、神宿る・・・と言うよりも存在そのものが神様に思えてきますね。

クスノキは全国各地に巨木が残っており、日本一の巨木もクスノキです。
「蒲生の大楠」

f0119697_9542198.jpg
この伊勢神明社の大クスノキは、樹勢が素晴らしくまるで若木のような力強さを秘めており、老木に見られがちな損傷や洞などもなく、まだまだこれから成長して更なる巨木になっていきそうです。

クスノキは防虫剤である樟脳の原材料になります。クスノキの枝葉や幹を刻んで水蒸気蒸留を行い、精油成分を抽出したのが樟脳です。ですから製材するとたいへんな勢いで樟脳の香りが工場に立ち込めて、頭がクラクラするほどです。

f0119697_1042517.jpg
古代においてクスノキは船の材料として重宝していたようです。

日本書紀には以下のように書かれています。



伊勢神宮に祀られている太陽の女神アマテラスの弟に、ヤマタノオロチ退治で有名なスサノオという神さまがいる。その神さまは日本の国に木が一本もないことを嘆かれて「山にたくさんの木を植えて、日本を緑いっぱいのうつくしい国にしたい」と思われた。

そしてまず、自分のひげを抜いて山にほり投げると杉の木になった。胸の毛を抜いてほり投げると桧の木になった。つぎに眉毛を抜いてほり投げると楠の木になった。最後にお尻の毛を抜いてほり投げると槙の木になった。

スサノオは、杉の木と楠の木は船を造るように、桧の木はお宮や社殿を造るように、槙の木は棺おけを造るようにと教えられた。



木を植えて、育てて、適材適所に利用する。1300年以上の昔から、日本の林業・木材業が脈々と続いている証がここにあります。

そして、やっぱり桧は建造物に最適なんですね!!!
[PR]

by h_kgym | 2012-05-22 10:35 | 自然・森林・生物
静岡県木青連、総会が開催されました
5月19日(土)
静岡県木材青壮年団体連合会の総会が、浜松市において開催されました。
f0119697_15384343.jpg

平成21年度から23年度までの3年間、会長を務めさせていただきました。当初2年の任期の予定であったのですが、1年目は私事でほとんど会長の任を遂行することができず、結局3年に渡って会長をさせて頂きました。

そして今年、とうとうと言いますか、やっとと言いますか、次の会長にバトンを渡すことができました。



日本木材青壮年団体連合会
静岡県木材青壮年団体連合会
静岡緑壮会

いわゆる業界の若手団体で、私も影山木材に入社以来たいへんにお世話になった組織です。私は、これらの組織からたいへん多くの、学び・遊び・出会いをいただきました。特に日本木青連の会長を拝命した平成15年は、私の生活の中心であったと言っても過言ではありません。

今年の4月、私にとって全ての基礎である「静岡緑壮会」を卒業させていただきました。22年の長きに渡って私を育ててくれた緑壮会と、卒業された先輩や現役メンバーには心から感謝しています。





ちょっと懐かしい写真をご覧いただきます。
f0119697_15422096.jpg
平成16年6月に静岡市で全国会員静岡大会が開催されました。静岡県木青連が持てる能力をすべて発揮して企画運営しました。



f0119697_15442590.jpg
大懇親会で行われた、浜松祭りの「激練り」。
ホテルアソシア静岡が揺れました。


木青連は木材業界の未来を担うリーダーとして、今後も活躍してくれるでしょう。
[PR]

by h_kgym | 2012-05-20 15:56 | 木材関係団体
情報誌「山の影から」vol.2 完成しました!
第2号の情報誌が完成しました。
f0119697_610128.jpg

すみません、今回はついつい調子にのりまして、表紙に登場してしまいました。(汗)

新しいユニフォームを着て、山から出材したての新材の上に乗り、新雪で真っ白な富士山をバックにして、新しい気持ちで写真を撮りました。

そうです、今回のテーマは「新しい」です。

購読ご希望のかたは、
hikgym@gmail.com
までご連絡下さい。
郵送させていただきます。
[PR]

by h_kgym | 2012-05-15 06:20 | お客様支援
ゴールデンウィークイベント「木とあそぼう」
f0119697_1345297.jpg
今日(5月3日)から6日まで、グランシップで「こどものくに-木とあそぼう-」というイベントが開催されています。

弊社では少額ながら協賛させていただき、小さな展示スペースをいただいたので、「木魂祭」の宣伝をさせていただいております。
f0119697_13433537.jpg




f0119697_1344345.jpg
関係者によるテープカット。
ヤマカの影山智康は企画から参加しています。(右から3人目)


f0119697_1345519.jpg
ヤマカが出展している積み木コーナー。
この時点ではまだ空いていますが、このあと大変な人出で大盛況になりました。



f0119697_1347256.jpg

f0119697_13471315.jpg



この手のイベントとしては珍しく、林業行政や業界団体がまったくタッチしていません。協賛している木材関係会社も、ヤマカと弊社以外にあと1社だけで、企画はほとんど地元の大学とクリエイターで行っています。

この企画は素材と触れ合う事を目的としていて、今年は木ですが去年は紙だったそうです。ですから業界としては継続性のないイベントになってしまいますが、業界に染まっていないのが気に入って協賛させていただきました。効果の程は不明ですが、多くのご家族に楽しんでいただければ、それで良しとしましょう。

4日間で置いてきた情報誌が少しは無くなるだろうか?
[PR]

by h_kgym | 2012-05-03 13:54 | 静岡地域ネタ
本物の木材と、年月が作り上げる価値
先日、東京都板橋区の草野工務店さまを訪問しました。草野工務店さまは若かりし頃ホーミースタディグループで共に学んだ仲間で、ジャパンウッドの内装材をご利用いただいております。

今回は初めて本社事務所を訪問したのですが、そこに15年ほど前に施工されたダイヤウッドが施工されていて、もちろん今でも現役で利用されていました。
f0119697_6502561.jpg
本物の無垢の桧と、年月にしか作り出すことのできない、素晴らしい色艶です。

落ち着いた色合い。
味のある艶。

新品の桧にはない、素晴らしい価値だと思います。

「本物」は完成引き渡しの時点が最高ではありません。時間と共に、もっともっと、良くなります。「偽物」には絶対に真似ができません。

f0119697_65044100.jpg
ちなみにこちらは先日施工させていただいた新品の壁です。こちらも年月とともに成長していくのが楽しみです。



このとき、重要なのは「乾燥」です

乾燥方法を誤ると、このような良い艶は出てくれません。理想的なのは天然乾燥ですが、含水率のコントロールが上手くできませんので、どうしても人工乾燥に頼ることになります。問題はその時の温度です。コストダウンの為に高温で乾燥させた木材は、木の持つ樹脂分を必要以上に除去してしまうので、結果的にこのような色艶は出てきません。



そしてもうひとつ、「塗装」も大切です。

被膜塗装はおすすめできません。木の持っている特質である調湿機能を阻害しますし、たくさんの効能がある桧の香りも封じ込めてしまいます。含浸性の、天然成分の塗料をご利用ください。まず、触感が違います。含浸性なら無塗装と大差ありませんが、被膜性は塗膜という硬化した石油製品を触っているのですから、その差は大きいですよ。弊社ではオスモカラーでの塗装をお勧めしています。

でも実は、無塗装もいいものですよ。最初のうちは汚れが目立ちますけどね。



f0119697_651168.jpg
こちらはオスモカラーノーマルクリア塗装。



f0119697_6512771.jpg
そしてこちらが無塗装。

どちらも草野工務店さまの、施工後15年経過した床板です。


f0119697_6514149.jpg
継ぎ目ではこれだけハッキリと違いが出てきています。

どちらも良い味が出ていますね。

この色艶は、大切にご利用いただいている証です。



心より感謝いたします。
[PR]

by h_kgym | 2012-05-01 07:01 | 納材事例と建築現場