影山木材は、自然素材で循環型資源である駿河桧・駿河杉の供給を通し、ココロとカラダの“幸せ”を育む「生活環境創造」を支援します。    影山秀樹
by h_kgym
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク集
以前の記事
最新のトラックバック
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2011年・野鳥の観察・..
from 駿河木の家日記
2007・自宅の庭木・・..
from 駿河木の家日記
2007・野鳥の観察・・..
from 駿河木の家日記
シックハウス対策
from ブログで情報収集!Blog-..
あるある納豆ダイエットね..
from ダイエットカロリーコントロー..
しずおかMOKUネット年..
from 静岡(しぞーか)木造り設計日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
謹賀新年
あけましておめでとうございます。

さて平成23年がスタートしたわけですが、このブログは相変わらずのマイペースで
無理せずボチボチと更新していきたいと思います。

f0119697_13552858.jpg



元旦は恒例の静岡木材業協同組合の新年祈祷に、浅間神社を訪れます。
毎年のことですが「何時からだったけ?」となります。
で、やっちまいました。
10時からなのに9時からと勘違いして、1時間も早く行ってしまいました。
まあ早いに越したことはないので、久しぶりに初詣の参拝客で混雑しはじめた境内を歩いてみました。

私はすぐ近くの安西小学校を卒業したので、境内は目を閉じても歩けるくらい熟知しています。
小学生の時に郷土研究クラブに所属しており、浅間神社のことを調べたりしたので尚更です。

と、言いながら新発見。
舞殿をなんとなく見上げていたら、菊のご紋と三つ葉葵が同居している。
こんなこともあるんですね~。
f0119697_13574481.jpg

f0119697_13581530.jpg



それから、建築物について。
お社と言えば切妻で千木(ちぎ)と堅魚木(かつおぎ)が乗っているのが連想されますが、
浅間神社はほとんどお寺に近いのではないでしょうか。
f0119697_141821.jpg

装飾も煌びやかで彫刻もたくさん施されていて、簡素でシンプルなイメージとは異なっています。
最初はお寺として作ったのでしょうか?
[PR]

by h_kgym | 2011-01-02 14:02
<< 手帳を持たない生活 2011 年1 月16 日(日... >>